40歳女性は妊娠しづらい理由について記しています。

40歳以上の妊娠【40代の出産、妊娠する確率】

40歳女性は妊娠しづらい理由について記しています。
HOME >

40歳女性はなぜ妊娠率が低いの?

女性は年齢とともに妊娠の確率が低くなってしまいます。

25歳から35歳までの自然妊娠する確率は25%〜30%であるのに対して、 40歳以上になるとわずか5%にまで確率が下がってしまいます。

ちなみに排卵日に性交渉することで受精卵ができて妊娠することができますが、うまくタイミングを合わせたとしても妊娠する確率は30%程度です。

なぜ、40代を超えると妊娠できなくなってしまうのでしょうか?

それは卵子の数と質が落ちるからです。

卵子は女性の生殖機能の中にある妊娠にとって重要な卵のことをいいます。

この卵子は精子と結合して受精卵になりますが、年齢が重ねれば重ねるほど卵子の数が減少していきます。

その他にも加齢により形がいびつな質の悪い卵子が増えることで、受精卵になる確率も減少していきます。

これにより妊娠する確率が低下するんですね。

残念ながら現代医学では女性の卵子の質を飛躍的に高める治療は開発されていません。

40歳女性が妊娠できないのは、旦那にも原因がある

40歳女性が妊娠できないのは上記の説明だけだと女性側に問題があると思われがちですが、実は男性にも問題があるかもしれないんですね。

妊娠というのは精子と卵子が結合して、子宮の内膜に着床することで実現することができます。

この時に精子の質が低ければ卵子と結合することはできません。

男性も女性と同様で年齢を重ねるごとに生殖機能は低下しています。

ですから、いくら性交渉を持ったとしても運動量の少ない精子を送り込まれても妊娠することはできません。

また年齢を重ねるごとに疲労がたまりやすくなり、性交渉に対して意欲が減少することも原因として挙げられます。

40歳以上の妊娠ができないのは夫婦揃っての問題と考えてもよいでしょう。

40歳以上の妊娠を高める不妊治療について

40歳以上の女性が妊娠を実現するのに自力では困難な場合があります。

この場合は医療の力を借りることも非常に有効です。

これを不妊治療と言います。

不妊治療は種類が多くありますが、まず「精子と卵子の出会いの確率を高める」という方法があります。

これは排卵誘発剤を使用して多くの卵子を排卵させることで、受精卵になる確率を増やす方法です。

また、排卵日をあらかじめ予測するタイミング法も非常に有効です。

上記以外にも医療によって直接、妊娠させる人工授精や体外受精という方法もあります。

「医療行為があるなら安心できる」と思うでしょうが、これらの不妊治療を受けても100%妊娠するわけではありません。

しかも、その都度費用が発生してしまいます。

その他にも失敗した時のショックは計り知れないものがあります。

もし、不妊治療を希望するならこれらの点を頭に入れておきましょう。






Copyright (C) 2014 40歳以上の妊娠【40代の出産、妊娠する確率】 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system